ライオンズクラブ国際協会334-D地区3R2Z 金沢兼六ライオンズクラブ

54期 会長挨拶のほか今期のクラブアクティビティスローガン、運営方針、重点事業をご紹介致します

クラブ運営方針

54期 会長ごあいさつ

54期 金沢兼六ライオンズクラブ会長 後藤 隆

兼六ライオンズクラブ会長 後藤 隆

今年は ライオンズクラブが結成されて100周年の記念すべき年となりました。
金沢兼六ライオンズクラブはCN50周年を終え 55周年の年へと向かいつつあります。
今や多くの奉仕団体、福祉団体、さまざまなNPOに携わっている人たちがいます。
もう、ライオンズクラブは必要ないのか??
ライオンズクラブの活動は陳腐化しているのか??
そうではないはずです。
やろうと思えば 探せばもっともっといっぱいあって それに取り組んでいるライオンズクラブはいくつも存在しています。
金沢兼六ライオンズクラブも 誇れる事業が存在しています。
汗を流して手伝ってくれている人たちもいます。
そして 喜んでくれる人たちもいます。
何よりもそのことを忘れない、忘れてはいけない。
それは金沢兼六ライオンズクラブメンバーの皆様の共通の思いだと推察致します。
それを次の世代に伝えていくのが また 大事な使命だと思います。
クラブメンバー皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

クラブアクティビティスローガン「兼六の伝統と誇りを胸に We Serve」 クラブの運営方針 1.会員増強。2.姉妹友好クラブとの交流。3.地域奉仕活動の調査、企画、立案。 重点事業 1.北陸小児糖尿病サマーキャンプ 2.肢体不自由児と家族の皆さんの映画鑑賞会 3.金沢市中学生耐寒剣道錬成大会