2014〜2015年度 クラブ運営方針

会長 大西 寛明

第50期会長/大西 寛明

1964年に創設された兼六ライオンズクラブが結成50周年の節目を迎えるこの時期に当たり、皆様方から会長という重責を委託されましたことに、厚く御礼を申し上げます。
東海道新幹線開業、東京オリンピック開催、自由民主党の佐藤政権発足と、まさに昇る朝日の如く、我が国が国際社会の中での存在感を高めていく起点の年に、当クラブは「兼六」という金沢の象徴を頂き、発足致しました。

その後の50年間は、クラブ立ち上げにご尽力された先輩諸氏の心意気を引き継ぎ、また父から子へと世代を越えて「We Serve」の精神で地域の奉仕活動に尽力してきた歴史です。
50年という年月は、クラブの品格を醸成致します。その品格は、北の都、金沢の歴史と文化という酒樽の中で、育まれたものです。1952年発足の東京ライオンズクラブ以来、全国で数多くのクラブが誕生し、それぞれの酒樽の中に地域の人材を蓄え、発酵させてきました。その中でも金沢を代表する兼六ライオンズクラブの香り、品格は、当然、白眉です。
2015年春には北陸新幹線が開業し、関東方面を中心に人と人との交流が盛んになります。また住むに心地よい金沢に移る方も少なくはありません。諸先輩方による地域社会への貢献を踏襲しつつ、50年熟成の「兼六の香り」を全国に発信する初年度に致したいと存じます。
皆様方へのご理解、ご支援をお願い致します。

2014〜2015年度 クラブの運営基本方針

運営基本方針

重点事業

重点事業